テクニカルインフォ

製品仕様の表記について

屋内壁屋内壁 ビル、住宅等の屋内壁(使用高さが比較的低い壁部。天井は含みません。)
屋内床屋内床 ビル、住宅等の水濡れがない屋内床
浴室壁浴室壁 住宅等の浴室壁
浴室床浴室床 住宅等の浴室床
屋外壁屋外壁 ビル、住宅等の屋外壁(上裏部は含みません。)
屋外床屋外床 ビル、住宅等の屋外床部および土足で歩行し水濡れがある、もしくは雨水などが持ち込まれる床部。(スロープなど勾配がある床への使用には適しておりません。重歩行区域など公共エクステリアへのご使用に際しては、御相談ください。)
耐凍害 耐凍害性能を有し、寒冷地でも使用できます。
細目地 製造後タイルの四方をカットし、高い寸法精度にて仕上げられている製品。3mm以上の目地幅での施工が可能です。
床暖房対応タイル 床暖房システムに対応可能なタイル製品です。詳細はお問い合わせください。

生産区分と表示

表示のない製品は標準品ですが、時により品切れを所持ることがあります。品切れの場合、次回の生産・入荷までに数か月(3か月以上)を要する場合があります。

限定在庫品 在庫限りの商品です。在庫がなくなり次第、廃番とさせていただきます。
注文生産品・注文加工品 ご注文をいただいてから生産又は加工することを原則としていますので、ご発注に際し、納期の確認が必要です。
受注輸入品 ご注文をいただいてから輸入することを原則としていますので、ご発注に際し、納期の確認が必要です。
少量在庫品 品切れのおそれが多いため必ず在庫をご確認ください。

価格について

  • 表示価格は 2021年4月現在の価格です。
  • 表示されている価格には、施工費・加工費及び運賃は含まれておりません。(運賃は別途請求となります。)
  • カタログ及びウェブサイトでの表示価格はすべて税別価格です。当社は事業者対象の取引を行っているため、一般消費者向販売を対象とした「総額表示方式」の義務対象とはなりません。別途消費税相当額のご負担をお願いします。
  • 消費税を含む請求金額は商品を出荷する日を計上日といたします。
  • 予告なしに価格を変更させていただくことがあります。掲載商品の廃番情報はお問い合わせいただくか、「トピックス~価格改定・廃番」にてご確認ください。

ご注文に際して

詳しくは各商品ページをご参照いただくか、営業担当にお問合せください。モザイクタイルは原則としてバラ出荷が可能です。いずれの場合もバラ出荷に当たっては、別途手数料を申し受けます。

  • お買い上げに際してのお届けは、軒先車上でのお渡しとなります。 大判タイルの納品に際してはリフト又は二名様以上での荷受けが必要となる場合があります。場合により、ご指定日に配送できないこともあるので、ご注文はお早めにお願いいたします。
  • 出来る限り該当現場数量一括でご発注をお願いいたします。 追加等のご発注の場合、ロット間の色差、寸法差のある製品が納品される可能性があります。
  • 商品発送後の数量変更とご返品は原則としてお受けしておりません。

タイルの品質・選定と施工について

  • 予告なしに仕様の変更や生産中止になる場合があります。
  • ご検討・ご採用に当たっては、在庫・納期の確認をお願いします。品切れの場合、次回の生産・入荷までに数ヶ月を要する場合があります。注文生産品・注文加工品と欠品商品の納期につきましては、営業担当にご確認ください。
  • 製品の施工例写真の色合いや表面仕上げは、撮影状況や印刷インキなどの影響で現物とは異なる場合があります。現物カットサンプルでの確認をお願いします。(原寸大サンプルは有償でのご提供となります。)ただし、陶磁器・ガラスという製品の特性上、生産時期ごとに色合いが異なる場合があります。特にガラス製品にその傾向が強くなります。予めご了承ください。
  • いかなるタイルにおいても突き付け目地施工は剥離・欠けの原因になりますので、最低3mm程度の目地幅を確保してください。
  • 日頃のメンテナンスは水・中性洗剤を用いた清掃を行ってください。タイルは耐薬品性に優れた製品ですが、一部ラスターなど特殊な釉薬を使用している製品、表面に凹凸のある製品、吸水のある製品などに酸・アルカリの洗剤を使用されますと変質・変色の原因となります。
  • タイルは粘土成分の違いや、焼成時期により色調・形状に幅が生じます。
  • 施工後のクレームはお受けしかねます。不具合が生じた際はすみやかにご相談ください。

床タイル

●色合いについて
製造ロットにより色合いが異なるため、見本サンプルと納入品では色差が生じる場合があります。 施釉、無釉に関わらずタイルのボディはシリーズ毎に異なります。タイル側面を露出する場合や加工する際は現物サンプルでご確認下さい。
●タイルの寸法・精度について

カリバー管理製品は製造ロットごとに寸法差があり、カタログ表記と異なる寸法製品で納品される場合がございます。計画時には5mm以上の目地幅を確保してタイル割りを行い、施工現場で現物製品寸法に合わせて目地幅設定及びタイル割りを行ってください。また、ご検討時期と施工時期に期間がある場合、事前に寸法を特定することが出来ません。パターン貼りする場合は目地幅が一定にならない場合がありますが、ご了承ください。

  • 昨今のタイル成形技術の進歩に伴い、タイルは大型化しています。大判タイルは適切な下地上に適切に施工がなされない場合、仕上がりが著しく悪くなることがあります。 大判タイルか否かに関わらず、最適な仕上がりのためにタイル施工に先立ち、平滑な下地の作成をお願いします。
  • タイルの大型化に伴い、大判タイルに稀にタイルの反りが見受けられます。(JIS A 5209では、455 を超え 605mm 以下のプレス成形Ⅰ・Ⅱ類製品の場合、±1.8mm の誤差が許容範囲と定められています。)反りによる仕上がりの問題を軽減するため、馬目地施工を避けるなどの対策を行って下さい。(詳しくは個別商品ページを参照下さい。)
用途区分について
  • 素材の種類(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ類)および表面仕上げの区分けにより使用箇所を区分しています。同一シリーズ・同一色において内部・外部使用の区分けのあるものについては、内部専用仕様のみ壁への使用を可能としています。
  • 屋外用床タイルを素足で歩行する屋内床に使用した場合、靴下などがひっかかることがあります。靴・スリッパ履きで使用する屋内床へのご採用をお勧めします。
施工について
  • 主に屋外用のタイル表面にグリップ性能を持つ屋外タイルはタイル表面に凹凸がありますので、目地施工の際、目地のふき取りを目地詰め後早急且つ丹念に行ってください。
  • エポキシ樹脂などを主成分とする目地材をご使用される場合は、目地材の注意事項に従い正しく施工ください。セメントを主成分とする目地材と異なり、拭き取り不足によりタイル表面に目地材が残りますと除去が非常に難しくなります。
  • 施工にあたっては、タイル裏面に空隙が発生しないよう十分に接着剤を充填させて下さい。空隙はタイルの割れにつながる可能性があります。
メンテナンスについて
  • 淡色及び表面がマット仕上げ、もしくは凹凸のあるタイルは汚れが付きやすく、また除去がしづらいため採用箇所の状況に応じた検討を十分に行ってください。
  • 濃色であっても白色系の汚れは目立つことがあります。
  • 屋外用タイル製品はノンスリップ加工などによる凹凸がタイル表面にありますので、雑巾やモップでの清掃が困難な場合があります。
  • 外部からの砂や泥の持込はタイル表面の傷の原因となります。持込を軽減する措置を行うことをお勧めします。
  • ほぼすべてのタイルは表面からの吸水を限りなく少なくしています。石材用の浸透性ワックスをタイルに使用することはその効果が薄いだけでなく、むしろワックスの使用により表面が汚れてしまうことがあります。ご注意ください。

壁タイル

●色合いについて
  • 製造ロットにより色合いが異なるため、見本サンプルと納入品では色差が生じる場合があります。
  • 施釉タイルはタイルの表面と側面の色が異なります。
●タイルの寸法・精度について
  • 昨今のタイル成形技術の進歩に伴い、タイルは大型化しています。大判タイルは適切な下地上に適切に施工がなされない場合、仕上がりが著しく悪くなることがあります。大判タイルか否かに関わらず、最適な仕上がりのためにタイル施工に先立ち、平滑な下地の作成をお願いします。
  • タイルの大型化に伴い、大判タイルに稀にタイルの反りが見受けられます。(JIS A 5209では、455を超え605mm以下のプレス成形Ⅰ・Ⅱ類製品の場合±1.8mm、Ⅲ類製品の場合±1.2mmの誤差が許容範囲と定められています。)反りによる仕上がりの問題を軽減するため、馬目地施工を避けるなどの対策を行って下さい。(詳しくは個別商品ページを参照下さい。)
●モザイクタイル

色合いについて

  • 製造ロットにより色合いが異なるため、見本サンプルと納入品では色差が生じる場合があります。特にガラス製品にその傾向が強くなります。
  • ガラスタイル及び天然石のタイルはその製造上の特性として、各ピースの端部に不規則な欠け、タイル表面の筋状のテクスチャー、窪みなどが見受けられます。意匠上の特徴であり不良品ではありません。
  • 施釉タイルはタイルの表面と側面の色が異なります。

用途区分について

  • 裏ネット貼りシート製品は長期に渡り水及び温水の影響を受ける場所への使用は避けてください。外部壁への使用も出来ません。
  • ガラスタイルについては、できる限りカットを必要としない割付で施工してください。カットが必要な場合にはサンダーを使用せず、タイルカッター・ガラスカッターで切断したうえで切り口を砥石等で研磨してください。
●トナリティとカリバーとは・・・

タイルは季節による焼成温度や原料の含水率などの非常に微妙な違いによっても製品の色や寸法に差が発生します。これを管理するために弊社輸入元では、色合いはトナリティ(tonality)番号、製品寸法はカリバー(caliber)番号に基づき製品を仕分けしています。カリバーについての製造概念は日本にはありませんが、イタリア・スペインなどの主要メーカーには同一品番であっても呼称寸法を中心に2〜4の異なるサイズが存在します。
弊社では同一製品におけるカリバーによる寸法差をなくし、カタログ表記呼称寸法に在庫を統一する努力を行いますが、現地在庫の欠品などにより異なるカリバー在庫が存在することがございます。
ハンドメイド調タイル、タンブル調(角が欠けたような風合い)タイルなど不揃いな仕上がりを意図して作られたタイルにはカリバーがなく同一製造ロットであっても寸法に大きな差があります。正確なタイル割を必要とする場合は、必ず営業担当にご確認ください。また、色合い差・寸法差の発生を避けるため該当現場数量一括でのご発注をお願いします。

貫入について

貫入は釉と素地の収縮率の差により、焼成後の冷却時に生じた釉のヒビのことです(キズではありません)。
1200 度から1300 度という高温で焼かれることにより、釉薬が溶けてガラスのような層(Sio2)となって素地の上を覆います。その後、冷却の過程において収縮度が素地と釉薬とで違う場合、釉薬がヒビのような状態になって固まります。これが貫入と呼ばれます。貫入は、磁器にも陶器にも入ります。磁器は釉薬が薄くてほとんど目には見えませんが透明釉が厚くかかった陶器の場合には、はっきりわかるように出てきます。

経年により貫入が大きくなる場合がありますが、通常はそれにより釉薬がはがれたりすることはありません。
壁・モザイクタイルの一部に、意図的な貫入を施した製品、又は経年により貫入が発生するものがあります。貫入のある製品は経年により貫入の拡がりまたは貫入部への汚れの浸透が見受けられる場合があります。しかしそれが建物の年輪として刻まれ、年を経るごとに味わいが増していきます。これらはタイルにおける貫入の優れた特徴ですが、設計イメージにそぐわない場合があります。採用箇所の状況に応じた検討を十分に行ってください。

安全上のご注意

  • ご使用上の安全のため、用途区分表示に合わせた使用をしてください。なお、用途区分表示外の使用に関しては当社の営業担当にお問い合わせください。
  • 仕様は、地域、プランまたは敷地条件等により掲載の写真と異なる場合があります。
  • 専用接着剤はF☆☆☆☆製品ですが、屋内で使用する場合は接着剤のにおいがすることがあります。

サンプルのご依頼について

  • バラサンプルはご依頼より5営業日程でお届けいたします。(※一部商品を除く)
  • 張りサンプルのご依頼は営業担当者へご相談・ご依頼ください。ご依頼後、製作・発送するため10営業日以上のお時間をいただきます。有料となる場合がございますのでご了承ください。